太陽光発電のメリット

こんにちは、ミキのたんちです 

今日のテーマは太陽光発電のメリットです

メリットは大きく分けて6つございます

1つめは電気代が削減できるです

太陽光発電の電気を使うと電力会社からの電力の購入が減ります

実際太陽光発電を導入するとどれくらい電気代が削減できるものなのでしょうか

 例えば東京都で5 kwを 南向きに設置したとして、年間の光熱費は

例えば電気6割ガス4割のご家庭で約14万円削減

例えばオール電化のご家庭で約17,5万円の削減

が見込まれます

 これは太陽光発電のシステム設置費用が例えば150万円だとするとおよそ10年程度で元が取れると言うイメージになります

ただしこの削減額にはの売電収入も参入されています

2つめは売電収入が得られるです

発電して余った電気は売電することができます

売電期間が固定価格買取制度のもとでは10K未満は10年間と定められています

ただしそれ以降も買い取ってくれる電力会社は多数存在しています

売電単価は変動します

 最初の10年間は日本中どこでも一緒な値段ですが

11年以降はそれぞれ電力会社の定める単価となります

3つめは安定した発電量が期待できるです

太陽光発電は他の再生エネルギーに比べてかなり安定しています

理由は収入を生み出す仕組みが太陽光だからです。

日射量は大きくは変動しない上に地域の差も大きくはないです

また規模に関わらず利益を生み生涯利益を予測しやすいのも太陽光発電の魅力です

このようにリスク管理や収入予測ができるということは導入の障壁緩和に効果が絶大です

4つめは太陽光パネルによる屋根裏の断熱効果があるです

太陽光パネルを屋根に設置すると断熱効果を発揮します

夏は直射日光を遮り冬は外部への放熱を抑えます

パネルの真下の室内は2°から5°涼しくとなるというデータもあります

エアコンやヒーターの電気代が削減できるんです

5つめは非常用の電力として期待できるです

万が一地震や台風で停電になった時、太陽光発電システムはパワーコンディショナの自立運転機能というものを使うことで停電の時も電気を使うことができるんです

自立運転機能とは停電した場合でも太陽光発電した電気があればそれを非常用電源として使えるようにするパワーコンディショナーという機械の機能のことなんです

6つめは約30年以上の長きにわたって運用が可能です

太陽光発電のパネルは可動部がないため故障の率が低く寿命が長いのです

それを示すのがメーカー保証の長さです

ただし安定した長期運用を行うためにはメンテナンスは必須です

各メーカーの平均的なメーカー保証の長さは

太陽電池モジュールの製品保証で10年から15年

太陽電池モジュールの出力保証で20年から25年パワーコンディショナーの製品保証で10年から15年です

参考にしてください

今日はここまでです

ありがとうございます

The following two tabs change content below.

次の記事

太陽光発電のデメリット